2017年11月20日月曜日

Oracle Linux と Docker とその周辺のもの(JPOUG in 15 minutes #6)

JPOUG in 15 minutes #6 に登壇しました。
http://www.jpoug.org/2017/09/20/in15m6

当日の発表資料をもとに、ブログにおこしてみました。

Oracle Linux と Docker とその周辺のもの
ORACLEで Docker というと、まずは Database や Java だと思います。
しかし ここでは、それ以外 の ORACLE x Docker の紹介を試みたいと思います。



ねらい
  • 知られざる ORACLE の Docker を使ったソリューションを紹介してみる。
  • そして、どこらへんが ORACLE なのか。
  • 帰ったらやってみよう。
内容
  • Oracle Linux で Docker (入り口だけ)
  • Oracle Linux の Kubernetes
  • Oracle OpenStack と Docker(と Oracle VM Server)

2017年11月14日火曜日

Oracle Linux 7 の Kubernetes で Bash 補完する。

Oracle Linux 7 で Kubernetes を利用するときも、kubectl を利用します。
そこで、kubectl などで Bash 補完機能を利用できるようにしてみます。

今回の環境は Oracle Linux 7.4 を利用しています。
[gowatana@k8s-master-01 ~]$ cat /etc/oracle-release
Oracle Linux Server release 7.4

2017年11月12日日曜日

Oracle OpenStack R3 の Fully Extended の様子。

Oracle OpenStack R3 では、5種類のノードの役割(グループ)が存在します。
compute、control、database、network、storage の5つで、
ハイパーバイザが所属する compute グループは独立させる必要がありますが、
それ以外は、ノード配置を分割することができます。

Oracle OpenStackInstallation and Deployment Guide for Release 3.0
2.2 Using Groups to Deploy Services
https://docs.oracle.com/cd/E78305_01/E78304/html/start-groups.html

最小構成だと、下記のような3ノード構成なります。
compute 以外の各グループは 2台以上のノードが必要ですが、
複数のグループをまとめて配置することができます。
  • 1台目: control、database、network、storage
  • 2台目: control、database、network、storage
  • 3台目: compute

そして、下記のようにグループをすべて別ノードに割り当てる、
Fully Extended な構成にすることもできます。
  • ノード1、2: control
  • ノード3、4: database
  • ノード5、6: network
  • ノード7、8: storage
  • ノード9~: compute
ということで、ためしに Fully Extended 構成でデプロイしてみました。

2017年10月30日月曜日

Oracle Docker の docker-storage-config とは。

Oracle Linux の Docker ドキュメントを読むと、
docker-storage-config というものが登場します。
これは Oracle Linux の docker-engine-17.06 以降の RPM に含まれる
ストレージ自動構成スクリプトとのことです。
そこで、ためしに使ってみました。

Oracle Linux 7
Oracle Container Runtime for Docker User's Guide
2.5 Configuring Docker Storage
https://docs.oracle.com/cd/E52668_01/E87205/html/docker_install_upgrade_storage.html

2017年10月29日日曜日

Oracle VM Server 3.4 で Oracle Linux 7 の OpenStack イメージを起動する。

ORACLE から、OpenStack むけの Oracle Linux 7 イメージが提供されています。
ただ、Oracle VM Server(OVMS)では、HVM としないと起動できないようです。
Oracle OpenStack R3 + OVMS の環境では
Horizon ダッシュボードからは指定できなそうなので glance コマンドから登録します。

2017年9月20日水曜日

Oracle Linux 7 で Kubernetes。

Oracle Linux でも、Kubernetes が提供されるようになりました。

Oracle Linux Container Services for use with Kubernetes
https://blogs.oracle.com/linux/announcing-oracle-linux-container-services-for-use-with-kubernetes

すでにマニュアルも用意されています。
上記のアナウンスの直前に、Yum に配置されている Kubernetes が更新
(v1.6 → v1.7)されていたのですが、ドキュメントにも一応反映されているようです。

Oracle Linux 7
Oracle Linux Container Services for use with Kubernetes User's Guide

https://docs.oracle.com/cd/E52668_01/E88884/html/index.html

ということで、さっそくインストールしてみました。
Oracle の Kubernetes の特徴としては・・・
  • セットアップでは kubeadm / kubeadm-setup.sh を利用します。
  • kubeadm で利用する Kubernetes の Docker コンテナは、デフォルトでは Oracle Container Registry からダウンロードされます。

ちなみに Oracle Container Registry では、「Container Services」(日本語を選択すると Kubernetes に・・・)のリポジトリが用意されています。



2017年9月9日土曜日

Oracle Linux 7 で JSON をあつかう。

Oracle Linux 7 の Public Yum リポジトリにも jq があります。
OL6 と同様に、addons リポジトリに配置されているのでインストールしてみます。

Using jq to process JSON on the Oracle Linux Command Line
https://community.oracle.com/community/server_&_storage_systems/linux/oracle_linux/blog/2017/04/14/using-jq-to-process-json-on-the-oracle-linux-command-line

Oracle Linux 7 (x86_64) Addons
http://yum.oracle.com/repo/OracleLinux/OL7/addons/x86_64/