2014年7月26日土曜日

Oracle VM Server の記憶域リポジトリを NFS エクスポートしてみる。

Oracle VM Manager(OVMM)では、
記憶域リポジトリのエクスポートができます。

Oracle VM Server がマウントしているリポジトリを
他のサーバからもマウントできるようにすることで、
リポジトリのバックアップをしやすくなったりします。

今回は、OVS リポジトリをエクスポートして
Linux から NFS マウントしてみます。

※ちなみに、今回試したのは Oracle VM Manager 3.2.6 です。


記憶域リポジトリのエクスポート手順

OVMM にログインして、
「Server and VMs」タブ → OVSを選択 → Perspective で「Repository Exports」を選択
→ 「+」 ボタンをクリックします。
※今回の OVS は、ovs2 というホスト名です。



リポジトリをマウントさせるサーバの IP アドレス(今回は 192.168.0.239)を入力して、
エクスポートするリポジトリを選択し、
Options には NFS の exportfs で指定するオプションを指定します。
入力したら「OK」をクリックします。
※「repo_localdisk_242」というローカルディスクのリポジトリを選択しています。



リポジトリがエクスポートされました。



OVS でもエクスポート設定ができたことがわかります。
※ちなみに、今回は Oracle VM Server 3.2.1 です。
[root@ovs2 ~]# cat /etc/ovs-release
Oracle VM server release 3.2.1
[root@ovs2 ~]# exportfs
/OVS/Repositories/0004fb0000030000cb5f6d6c030152f1
                192.168.0.239

エクスポートした記憶域リポジトリのマウント

Linux から NFS マウントしてみます。
※ このサーバ「webfs1」には、IP アドレス「192.168.0.239」が設定されています。
※ 「192.168.0.242」は、ovs2 に設定してある IP アドレスです。
[root@webfs1 ~]# ip addr show eth0
2: eth0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast qlen 1000
    link/ether 00:0c:29:2d:3c:ac brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 192.168.0.239/24 brd 192.168.0.255 scope global eth0
[root@webfs1 ~]# mount 192.168.0.242:/OVS/Repositories/0004fb0000030000cb5f6d6c030152f1 /mnt
[root@webfs1 ~]# df -h /mnt  ★マウントされた
Filesystem          サイズ  使用  残り 使用% マウント位置
192.168.0.242:/OVS/Repositories/0004fb0000030000cb5f6d6c030152f1
                      466G  260G  206G  56% /mnt
[root@webfs1 ~]# ls /mnt
Assemblies  ISOs  Templates  VirtualDisks  VirtualMachines  lost+found

ただし、OVMM 3.x ではオブジェクトを UUID で管理しているので
どれが何か判別するのは大変です。
たとえば、仮想ディスクのファイルは下記のような感じです。
[root@webfs1 ~]# ls /mnt/VirtualDisks | head
0004fb000012000002104c283d3dbcba.img
0004fb0000120000045638a8c077961f.img
0004fb000012000007f38b8bd1f93920.img
0004fb00001200000a84a56577326586.img
0004fb0000120000116a59b9b214ad29.img
0004fb0000120000123a295f1f1b591b.img
0004fb0000120000131bc215fcdcf234.img
0004fb00001200001cceb74412e30572.img
0004fb000012000025fcbb8eabdbd024.img
0004fb00001200002b5169a70842caa9.img

ちなみに、マニュアルではこのあたりです。
Oracle VM
ユーザーズ・ガイド リリース 3.2.1
4.8.5 記憶域リポジトリのバックアップの有効化
http://docs.oracle.com/cd/E40528_01/b71928/vmusg-repo-manage.html#vmusg-repo-backup

以上、OVMM での、OVS 記憶域リポジトリのエクスポートでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿