2016年8月7日日曜日

Oracle OpenStack R 2.1 | クライアント ツール openstack-kolla-utils のインストール。

【更新中】
この投稿は、下記の一部です。
Oracle OpenStack for Oracle Linux R 2.1 をためす。(2016年07月 版)

Oracle OpenStack for Oracle Linux R 2.1 では、
OpenStack CLI も Docker コンテナとして提供します。

コマンドは、docker-ostk から実行できます。
docker-ostk での Docker Registry 参照設定は
kollacli のものを共用しているようなので、今回は Master Node にインストールします。


前提について。

インストール対象のサーバは、Master Node として構築ずみです。
Oracle OpenStack R 2.1 | Master Node の構築。

Docker Registry には OpenStack R 2.1 の Docker イメージをインポートずみです。
Oracle OpenStack R 2.1 | Docker Registry へのイメージ インポート。


手順の流れ。

  1. openstack-kolla-utils のインストール
  2. Docker Registry の証明書配置
  3. kollacli での設定(設定確認のみ)

openstack-kolla-utils のインストール。

OpenStack CLI のコマンド「docker-ostk」 は、
「openstack-kolla-utils」 という RPM に含まれます。
今回は、Master Node にインストールします。

openstack-kolla-utils をインストールします。
[root@opst-master ~]# yum install -y openstack-kolla-utils

RPM に含まれるファイルは、これだけです。
[root@opst-master ~]# rpm -q openstack-kolla-utils
openstack-kolla-utils-0.2.0-59.el7.noarch
[root@opst-master ~]# rpm -ql openstack-kolla-utils
/usr/bin/docker-ostk
/usr/share/doc/openstack-kolla-utils-0.2.0
/usr/share/doc/openstack-kolla-utils-0.2.0/LICENSE

Docker Registry の証明書配置。

他の Node と同様に、Docker Registry の証明書を配置して、
docker サービスを再起動しておきます。
[root@opst-master ~]# mkdir -p /etc/docker/certs.d/opst-registry.gowatana.lab:5443
[root@opst-master ~]# scp opst-registry.gowatana.lab:/etc/docker/certs.d/opst-registry.gowatana.lab:5443/ca.crt /etc/docker/certs.d/opst-registry.gowatana.lab:5443/
The authenticity of host 'opst-registry.gowatana.lab (192.168.1.188)' can't be established.
ECDSA key fingerprint is 1a:dd:7e:37:a8:18:20:40:09:26:84:4e:1a:58:ca:b0.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes
Warning: Permanently added 'opst-registry.gowatana.lab,192.168.1.188' (ECDSA) to the list of known hosts.
root@opst-registry.gowatana.lab's password:
ca.crt                                                      100% 2004     2.0KB/s   00:00
[root@opst-master ~]# ls -lh /etc/docker/certs.d/opst-registry.gowatana.lab:5443/
合計 4.0K
-rw-r--r-- 1 root root 2.0K  6月 26 23:00 ca.crt
[root@opst-master ~]# systemctl restart docker

kollacli での設定 (設定確認のみ)。

docker-ostk は、Bach スクリプトです。
[root@opst-master ~]# file /usr/bin/docker-ostk
/usr/bin/docker-ostk: Bourne-Again shell script, ASCII text executable

/usr/bin/docker-ostk ファイル内の説明を見ると、
docker-ostk が Docker イメージをダウンロードする Registry は、Kolla の設定を見るようです。
    16  Overview:
    17
    18      This command provides a simple wrapper to execute most common OpenStack CLI
    19      clients using Docker.
    20
    21      It makes use of the 'oracle/ol-openstack-utils' image, which should be
    22      available in the registry defined in ${KOLLA_GLOBALS_FILE}.  The image used
    23      can be overridden by setting OPENSTACK_UTILS_IMAGE.

ちなみに、KOLLA_GLOBALS_FILE は
/usr/bin/docker-ostk の冒頭で定義されていました。
     1  #!/bin/bash
     2
     3  KOLLA_GLOBALS_FILE="/usr/share/kolla/ansible/group_vars/__GLOBAL__"

そのファイルには、kollacli で定義した Docker Registry のアドレスが登録されています。
kollacli では、すでに 「kollacli property set docker_registry」で設定済みです。
Oracle OpenStack R 2.1 | Master Node での サービス デプロイ設定。
[root@opst-master ~]# grep opst-registry /usr/share/kolla/ansible/group_vars/__GLOBAL__
docker_registry: "opst-registry.gowatana.lab:5443"

つづく。

0 件のコメント:

コメントを投稿