2013年6月12日水曜日

Oracle VM 3 のVM名とUUIDのひもづけを見てみる

前回に引き続き、Oracle VM 3.x がオブジェクトをUUID管理することについてです。
今回は、VM名のUUIDのひもづけを見てみたいと思います。

Oracle VM Manager(OVMM) で見てみる。

OVMMで管理されるオブジェクトは、VMに限らずUUIDを持っていますが、
とりあえずVMのUUIDは下記に表示されます。

例では、「oemdb1」というVMが、
「0004fb0000060000f624f492159dff28」 というIDで管理されています。



Oracle VM CLI で見てみる。

Oracle VM CLI では、簡単にVMのIDを見ることができます。

例では、OVMMをインストールしたLinuxで、
自分自身のOVMMインスタンスにCLI 接続しています。
[root@ovmm31 ~]# ssh -p 10000 -l admin localhost
admin@localhost's password:
OVM> list vm
Command: list vm
Status: Success
Time: 2013-06-12 23:40:03,464 JST
Data:
  id:0004fb00000600001e52345b53095ef8  name:vm01
  id:0004fb0000060000f624f492159dff28  name:oemdb1
  id:0004fb0000060000f35e350e6a00225c  name:oem12c1
OVM>

Oracle VM Server(OVS)で見てみる。

OVSにSSH等でログインしてVMのUUIDを確認したい場合は、
VMの設定ファイル(vm.cfg)を見ると記載されています。
[root@ovs2 0004fb0000060000f624f492159dff28]# cat vm.cfg
vif = ['mac=00:21:f6:00:00:17,bridge=xenbr0']
OVM_simple_name = 'oemdb1'
guest_os_type = 'linux'
disk = ['file:/OVS/Repositories/0004fb0000030000cb5f6d6c030152f1/VirtualDisks/0004fb00001200000a84a56577326586.img,xvda,w', 'file:/OVS/Repositories/0004fb0000030000cb5f6d6c030152f1/VirtualDisks/0004fb000012000030d31a229e6376d2.img,xvdb,w', 'file:/OVS/Repositories/0004fb0000030000cb5f6d6c030152f1/VirtualDisks/0004fb00001200007e189dabb773eaeb.img,xvdc,w', 'file:/OVS/Repositories/0004fb0000030000cb5f6d6c030152f1/ISOs/0004fb00001500004f16c6f8e3d1accf.iso,xvdd:cdrom,r']
bootargs = ''
uuid = '0004fb00-0006-0000-f624-f492159dff28'
on_reboot = 'restart'
cpu_weight = 27500
OVM_os_type = 'Oracle Linux 5'
cpu_cap = 0
maxvcpus = 1
OVM_high_availability = False
memory = 2048
OVM_description = ''
on_poweroff = 'destroy'
on_crash = 'restart'
bootloader = '/usr/bin/pygrub'
name = '0004fb0000060000f624f492159dff28'
usbdevice = 'tablet'
vfb = ['type=vnc,vncunused=1,vnclisten=127.0.0.1,keymap=ja']
vcpus = 1
OVM_cpu_compat_group = ''
OVM_domain_type = 'xen_pvm'
ただし、vm.cfgファイル自体、見つけるのが大変です。
けっこう深いパスにあり、途中のディレクトリ名にもUUIDがありわかりにくいです。
たとえば、上記の vm.cfg のフルパスは
/OVS/Repositories/0004fb0000030000cb5f6d6c030152f1/VirtualMachines/0004fb0000060000f624f492159dff28/vm.cfg
でした。

OVMM や、Oracle VM CLI で十分なため あまり使い道ありませんが、
下記のような感じでスクリプト(orコマンド)を作成して実行してみると
VM と UUID のひもづけが見やすいのではないかと思います。
get_vmlist.sh
find /OVS -name vm.cfg | while read L
do
 echo -n `grep ^name $L | awk '{print $3}'`
 echo -n ' '
 echo `grep OVM_simple_name $L | awk '{print $3}'`
done

実行してみるとこんな感じです。
[root@ovs2 ~]# sh get_vmlist.sh
'0004fb00000600001e52345b53095ef8' 'vm01'
'0004fb0000060000f35e350e6a00225c' 'oem12c1'
'0004fb0000060000f624f492159dff28' 'oemdb1'

以上、VMとUUIDのひもづけ確認でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿