2013年4月22日月曜日

Oracle VM CLI でVNIC作成

今回は、Oracle VM CLI で仮想NICを作成してみます。
Oracle VM では、VM とは別に 仮想NIC(VNIC)を作成して、あとからVMに追加します。

VNICの作成

VNICを作成するときは、VNIC名(name)が必須です。
VNIC名には、MACアドレスを指定します。
OVM> create vnic ?
                 *name
                 description
                 network

VNICを作成します。
OVM> create vnic name=00:21:f6:00:00:1e
Command: create vnic name=00:21:f6:00:00:1e
Status: Success
Time: 2013-04-22 23:51:24,583 JST
Data:
  id:0004fb0000070000f5a6fe4ae55d161a  name:00:21:f6:00:00:1e

作成したVNICを確認してみます。
このVNICはまだ、どのVMにも接続されていません。
OVM> show vnic name=00:21:f6:00:00:1e
Command: show vnic name=00:21:f6:00:00:1e
Status: Success
Time: 2013-04-22 23:52:00,123 JST
Data:
  Name = 00:21:f6:00:00:1e
  Id = 0004fb0000070000f5a6fe4ae55d161a
  Mac Address = 00:21:f6:00:00:1e

ちなみに、まちがえて既に存在するVNICのMACアドレスを指定してしまった場合は
エラーになります。
OVM> create vnic name=00:21:f6:00:00:1d
Command: create vnic name=00:21:f6:00:00:1d
Status: Failure
Time: 2013-04-22 23:51:16,084 JST
Error Msg: com.oracle.ovm.mgr.api.exception.IllegalOperationException: OVMAPI_8013E VNIC cannot be created with MAC address 00:21:f6:00:00:1d as one already exists. [Mon Apr 22 23:51:15 JST 2013]

今回はCLIで作成してみましたが、VNICの作成は、Oracle VM Manager から実施したほうが
空いているMACアドレスを探す必要がないので簡単だと思います。

以上、VNICを作成する話でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿