2013年4月21日日曜日

Oracle VM CLI で仮想ディスク作成

今回は、Oracle VM CLI で仮想ディスクを作成して、VM に接続してみます。
まず仮想ディスクを作成したうえで、VMへのマッピング(create vmdiskMapping)をします。

1. 仮想ディスクの作成


仮想ディスクの作成をします。

パラメータとして、仮想ディスク名、容量(GB単位)、スパースファイルかどうか、
作成先の記憶域リポジトリ を指定します。
OVM> create virtualDisk ?
                        *name
                        *size
                        *sparse
                        description
                        shareable
                        *on

「on」には、記憶域リポジトリを指定できます。
OVM> create virtualDisk on ?
                           Repository
OVM> create virtualDisk on repository ?
                                      id=<parent object identifier> OR
                                      name=<parent object name>

「sparse」 には、スパースファイルにするかどうかを、yes/no で指定できます。

仮想ディスクをスパースファイルにすると、使用した実容量だけ確保されるようになり
記憶域リポジトリの容量を節約できます。
OVM> create virtualDisk sparse=?
                               yes,no

下記のパラメータで、仮想ディスクを作成します。
  • 仮想ディスク名: vm01.img
  • 容量(GB単位): 2GB
  • スパースファイルとして作成する
  • 作成先の記憶域リポジトリ: repo_nfs_236
OVM> create virtualDisk name=vm01.img size=2 sparse=yes on repository name=repo_nfs_236
Command: create virtualDisk name=vm01.img size=2 sparse=yes on repository name=repo_nfs_236
Status: Success
Time: 2013-04-21 22:33:19,360 JST
Data:
  id:0004fb0000120000b1665cf81d03367b.img  name:vm01.img

※注意(失敗例)
このとき、リポジトリよりも大きいサイズ(2048GB)を指定したらエラーになりました。
「size」の指定は、GB単位です。
OVM> create virtualDisk name=vm01.img size=2048 sparse=yes on repository name=repo_nfs_236
Command: create virtualDisk name=vm01.img size=2048 sparse=yes on repository name=repo_nfs_236
Status: Failure
Time: 2013-04-21 22:27:22,180 JST
Error Msg: com.oracle.ovm.mgr.api.exception.JobFailureException: OVMAPI_6000E Internal Error: com.oracle.ovm.mgr.api.exception.JobFailureException: OVMAPI_5001E Job: 1,366,550,836,358/Create/Create VirtualDisk ., failed. The job has a Job Failure Event: 1,366,...

作成した仮想ディスクを確認します。
この時点では、まだVMには接続されていません。

OVM> show virtualdisk name=vm01.img
Command: show virtualdisk name=vm01.img
Status: Success
Time: 2013-04-21 22:37:12,870 JST
Data:
  Name = vm01.img
  Id = 0004fb0000120000b1665cf81d03367b.img
  Max (GiB) = 2.0
  Used (GiB) = 0.0
  Shareable = No
  Repository Id = 0004fb0000030000ea10936ed4b4ff59  [repo_nfs_236] 

2. 仮想マシンへの接続

仮想ディスクを、VMに接続します。
※「storageDevice」を指定しないと、VMで仮想CDドライブとして認識してしまうので注意。

OVM> create vmdiskMapping ?
                          *name
                          *slot
                          description
                          storageDevice
                          *on
                          Rule(s): StorageDevice value must be a VirtualDisk, VirtualCdrom or PhysicalDisk id/name. If StorageDevice isn't set, Empty Cdrom will be used.

今回は、接続(vmdiskMapping)自体も名前をもつので、「vm01-vdiskmap1」としました。
Oracle VM Managerから化仮想ディスク接続をした場合は、この名前はUUIDになります。
「vm01」というVMに、「vm01.img」という仮想ディスクを接続します。

OVM> create vmdiskMapping slot=0 storageDevice=vm01.img name=vm01-vdiskmap1 on vm name=vm01
Command: create vmdiskMapping slot=0 storageDevice=vm01.img name=vm01-vdiskmap1 on vm name=vm01
Status: Success
Time: 2013-04-21 22:55:32,819 JST
Data:
  id:0004fb000013000036ddd38f10deb760  name:vm01-vdiskmap1

仮想ディスクのVMへのマッピング(vmdiskMapping)を確認します。
OVM> show vmdiskMapping name=vm01-vdiskmap1
Command: show vmdiskMapping name=vm01-vdiskmap1
Status: Success
Time: 2013-04-21 22:56:16,020 JST
Data:
  Name = vm01-vdiskmap1
  Id = 0004fb000013000036ddd38f10deb760
  Slot = 0
  Emulated Block Device = No
  Virtual Disk Id = 0004fb0000120000b1665cf81d03367b.img  [vm01.img]
  Vm Id = 0004fb00000600001e52345b53095ef8  [vm01]

show vm でも、VMに仮想ディスクが接続されたことが確認できます。
OVM> show vm name=vm01
Command: show vm name=vm01
Status: Success
Time: 2013-04-21 22:56:27,000 JST
Data:
  Name = vm01
  Id = 0004fb00000600001e52345b53095ef8
  Status = Stopped
  Memory (MB) = 256
  Max. Memory (MB) = 256
  Max. Processors = 1
  Processors = 1
  Priority = 50
  Processor Cap = 100
  High Availability = No
  Operating System = None
  Mouse Type = Default
  Domain Type = Xen PVM
  Keymap = ja
  Server = 00:04:fb:00:00:06:00:00:4c:99:5b:54:66:7d:00:05  [ovs321-1]
  Repository = 0004fb0000030000ea10936ed4b4ff59  [repo_nfs_236]
  VmDiskMapping 1 = 0004fb000013000036ddd38f10deb760  [vm01-vdiskmap1]

Oacle VM Manager でも、VMに仮想ディスクが接続されたことが確認できます。





以上、Oracle VM CLIでの仮想ディスク作成でした。


0 件のコメント:

コメントを投稿