2016年7月30日土曜日

Oracle OpenStack R 2.1 | Master Node の構築。

【更新中】
この投稿は、下記の一部です。

Oracle OpenStack for Oracle Linux R 2.1 をためす。(2016年07月 版)
http://gowatana.blogspot.jp/2016/07/openstack-r2-201607-01.html

今回は、Oracle Linux 7 で、Oracle OpenStack R 2.1 の Master Node を構築します。
OpenStack の Docker イメージをデプロイする kollacli コマンドを実行するサーバを
Master Node と呼びます。

前提について。

Oracle Linux 7 には下記の設定をしておきます。
Oracle OpenStack R 2.1 | Oracle Linux 7 の基本設定。

Master Node は、今回構築するなかで唯一 Docker Engine がなくてもよいサーバです。
ただし、今回は OpenStack クライアントになる 「openstack-kolla-utils (docker-ostk) 」 も
このサーバにインストールしようと思うので、Docker はインストールしておきます。
Oracle OpenStack R 2.1 | Oracle Linux 7 への Docker インストール。

Master Node の構築。

デプロイで使用する kollacli コマンドが含まれる、openstack-kollacli をインストールします。
[root@opst-master   ~]# yum install -y openstack-kollacli

RPM のインストールにより、kolla ユーザが作成されます。
kollacli は、このユーザで実行することになります。
[root@opst-master ~]# id kolla
uid=995(kolla) gid=991(kolla) groups=991(kolla),992(docker)

kolla ユーザ用の sudoers 設定も追加されます。
[root@opst-master ~]# cat /etc/sudoers.d/kolla
Defaults: kolla env_keep += "OS_AUTH_URL OS_TENANT_ID OS_TENANT_NAME OS_PROJECT_NAME"
Defaults: kolla env_keep += "OS_USERNAME OS_PASSWORD  OS_REGION_NAME REGISTRY"

Defaults: kolla !requiretty
Cmnd_Alias KOLLA_ADMIN_CMDS = ALL
kolla ALL = (root) NOPASSWD: KOLLA_ADMIN_CMDS

Defaults: %kolla !requiretty
Cmnd_Alias KOLLA_CMDS = /usr/bin/ansible, /usr/bin/ansible-playbook, /bin/ls, /bin/id, /usr/share/kolla/kollacli/tools/passwd_editor.py
%kolla ALL = (kolla) NOPASSWD: KOLLA_CMDS

kollacli コマンドで bash 補完が利用できると便利なので、
bash-completion をインストールしておきます。
[root@opst-master ~]# yum install -y bash-completion

Master Node の構築は、ひとまずこれだけです。

つづく。

0 件のコメント:

コメントを投稿