2016年7月25日月曜日

Oracle OpenStack R 2.1 | Oracle VM Server 3.4 の基本設定。

【更新中】
この投稿は、下記の一部です。

Oracle OpenStack for Oracle Linux R 2.1 をためす。(2016年07月 版)
http://gowatana.blogspot.jp/2016/07/openstack-r2-201607-01.html


Oracle OpenStack R 2.1 で、
Compute Node のハイパーバイザとして Oracle VM Server 3.4 を使用します。
Oracle VM Server (OVMS)と、デフォルト カーネルのバージョンは下記です。
[root@opst-host01 ~]# cat /etc/ovs-release
Oracle VM server release 3.4.1
[root@opst-host01 ~]# uname -r
4.1.12-32.1.3.el6uek.x86_64 

今回は Compute Node を 1台しか構築しない想定ですが、
複数台構築する場合もすべての OVMS 共通で、下記の設定をしておきます。
Oracle Linux 7 と同様、おためし構成なので手順を簡素化するために
設定するものもあります。
  1. ネットワーク設定
  2. Yum リポジトリの設定
  3. RPM のアップデート
  4. 時刻同期の設定(ntpd)
  5. Xen Domain 0 のメモリ容量設定
  6. ovs-agent の無効化


1. ネットワーク設定。

構築環境に合わせて、IP アドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイ などを、
設定ファイルの直接編集で最初に設定しておきます。
参照する DNS サーバのアドレスも設定しておきます。


2. Yum リポジトリの設定。

OVMS では、OVMS 3.4 と、Oracle Linux 6 (OL6)のチャネルを設定します。

OVMS 3.4 は、下記のURL を参照します。
Oracle VM Server 3.4 Latest
http://yum.oracle.com/repo/OracleVM/OVM3/34_latest/x86_64/

OL6 のチャネルは、下記の設定を参考に設定します。
http://yum.oracle.com/public-yum-ol6.repo

有効にする OL6 のチャネルは下記です。
  • ol6_addons
  • ol6_UEKR4 
  • ol6_openstack21

3. RPM のアップデート。

RPM は、すべて最新化しておきます。
[root@opst-host01 ~]# yum clean all
[root@opst-host01 ~]# yum update -y

4. 時刻同期の設定(ntpd)。

ntpd での時刻同期を設定します。
必要に応じて /etc/ntp.conf を編集します。
[root@opst-host01 ~]# touch /var/lib/ntp/drift
[root@opst-host01 ~]# chkconfig ntpd on
[root@opst-host01 ~]# chkconfig --list ntpd
ntpd            0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
[root@opst-host01 ~]# service ntpd start
ntpd を起動中:                                             [  OK  ]

5. Xen Domain 0 のメモリ容量設定。

/etc/default/grub を編集して Dom0 のメモリ容量を 2048 MB に変更します。
※ただし、これはシステム要件より少ない値です。
[root@opst-host01 ~]# grep GRUB_CMDLINE_XEN /etc/default/grub
GRUB_CMDLINE_XEN="dom0_mem=max:2048M allowsuperpage"
GRUB2 の設定を更新しておきます。
[root@opst-host01 ~]# grub2-editenv list
saved_entry=Oracle VM server, with Xen 4.4.4OVM and Linux 4.1.12-37.4.1.el6uek.x86_64
[root@opst-host01 ~]# grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg
Generating grub configuration file ...
Found linux image: /boot/vmlinuz-4.1.12-37.4.1.el6uek.x86_64
Found initrd image: /boot/initramfs-4.1.12-37.4.1.el6uek.x86_64.img
Found linux image: /boot/vmlinuz-4.1.12-32.1.3.el6uek.x86_64
Found initrd image: /boot/initramfs-4.1.12-32.1.3.el6uek.x86_64.img
done
[root@opst-host01 ~]# grub2-editenv list
saved_entry=Oracle VM server, with Xen 4.4.4OVM and Linux 4.1.12-37.4.1.el6uek.x86_64

6. ovs-agent の無効化。

OpenStack 管理下の OVMS は Oracle VM Manager では管理されません。
ovs-agent は、使用しないので無効化します。
[root@opst-host01 ~]# chkconfig ovs-agent off

OVMS 再起動。

これまでの設定を反映するため、OS を再起動しておきます。
[root@opst-host01 ~]# reboot

つづく。

0 件のコメント:

コメントを投稿